{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

語りの種2 つなぐ。

1,650円

送料についてはこちら

語りの種2 つなぐ。 特集 犬山 下本町商店街のこれまでとこれから 犬山城から南にのびるメインストリート本町通り。今では犬山駅から西に伸びる道(六間道路)と交差するところで終わっていますが、ひと昔前までは、その賑わいは、さらに南に下り、下本町をすぎ、外町、出来町をこえ、犬山口駅まで続いていました。 この通りは稲置街道(いなぎかいどう)とも呼ばれます。できたのは江戸時代のこと。名古屋城下と中山道伏見宿(現・岐阜県可児郡御嵩町)を結ぶ木曽街道(上街道)が整備されたのち、二代犬山城主成瀬正虎は、木曽街道の楽田追分から犬山城下まで稲置街道をひらきました。その街道が犬山口駅から犬山城までのルートと重なります。往時は店が立ち並び、人の往来も盛んでした。 犬山の観光といえば、犬山城と城下町の町並みが残る本町通りに集約されがちですが、こうした街道や川の道を含め、本当は歴史的にも空間的にも多岐にわたる広がりがあります。 本書では、一時期は銀座とも呼ばれた下本町商店街に焦点をあてるとともに、故きよき犬山のまちをフルに楽しもうと、アートや文化に焦点をあてた「犬山フルまちミュージアム2023」の試みをアーカイブします。主な会場は下本町商店街や木之下城伝承館・堀部邸。本町通りからさらに南に下る一帯です。 犬山の昔を知る人の知恵、記憶をつなげることは、過去を知ることにとどまらず、犬山の未来を考える上での豊かな文化資源となるはずです。ここで撒かれた種は、どういった未来につながっていくでしょうか。 【目次】 はじめに 1 下本町商店街   下本町商店街が栄えていた頃    話し手:大鹿剛巨さん×大倉茂紀さん   コラム1 まちで店をやるということ 柴田憲一   コラム2 歴史と文化が地続きにつながるまち 戸田祐希利   下本町防災建築街区      2 犬山城下町50年の移り変わり 服部敦 空中写真でみる城下町の変化 犬山の店舗地図 3 すみっこの記憶 楠本亜紀   犬山の8ミリ映像   東京大学生態水文学研究所アーカイブズより 4 犬山フルまちミュージアム2023   Hiphopミュージックフェス   TOMASON 作品制作   クラフトワークショップ   ショートムービーワークショップ   AHA! すみっことわすれもの   フルまちアーカイブ展示   みんなの記憶地図 ♦︎ みんなのアーカイブ ♦︎ 地域の過去、現在、未来に関心を寄せ、取材し、記録、保存、活用しようとする人のための草の根型コミュニティ・アーカイブ。写真や映像、語りをもとに、地域の、歴史、記憶をとどめ、未来に向けて発信するためのプラットフォームを作る活動を行います。 https://www.archive4everyone.org _______________________________ 書籍 語りの種2 つむぐ。    特集 犬山 下本町商店街のこれまでとこれから 制作 犬山ふるまちミュージアム実行委員会 企画・編集・構成 みんなのアーカイブ 楠本亜紀 アートディレクション CUUDESIGN(クウデザイン) 発行 Landschaft Press 発行日:2024年 2 月 29 日 第一刷 本体 1,500円+税 100頁/A5版/右開き

セール中のアイテム